酒の通販はオリジナリティーで勝負

酒の通販は今まで使ったことがなかったのですが、父の誕生日や父の還暦のお祝いで初めて酒の通販を使ってみました。
本来ならば自分の目で選んだ父好みの酒を買って届けたいのはやまやまなのですが、そこは遠方の父への贈り物なので、発送に慣れている通販の会社に任せることにしました。

でもただ酒を選んで送るのはあまりにも芸が無いというもの。
そこで、酒の瓶のラベルに好きな文字を毛筆で書いてくれるサービスのある酒屋さんの通販で酒を選びました。
初めて注文した時の酒のラベルに書いてもらった文字は、父の名前でした。
そして注文した酒のラベルには、母の名前にしました。
実はこの酒を飲み終わった父はこの瓶をもったいなくて捨てられず、飾っていました。
それならばと、次の酒のラベルに母の名前にすれば瓶が並んだときに夫婦が仲良く身を寄せ合うようになっていいなと思って贈りました。
この毛筆の酒のラベルの瓶を見た実家のお客さんは「いいプレゼントでいいねぇ。」「どこでそういう酒は売ってるの?」と評判は上々だそうで、中身はもうスッカラカンの酒瓶は随分と人気のようで、父も飲み終わった後も嬉しい気持ちになっているのだとか。
これはもう酒の通販でのギフト作戦は大成功です。

しかし、そこでは終わらせません。
次の酒の通販では敬老の日のプレゼントを贈ることにしました。
そこは孫の出番です。
父にとって孫は特別な存在です。
その孫からの酒の通販での手書きのラベルと言ったら、ズバリ孫の名前入りの酒です。
その大好きな孫の名前の入った酒はひと際美味しかったらしく、その日の父はいつもはちっとも酔わない人ですが、この日ばかりは珍しくいい感じに酔っぱらっていたという話でした。
酒を飲みながら何度も孫の名前の入った瓶をいとおしそうに眺めていたそうです。
普段遠方にいる孫からのプレゼントは私が贈ったプレゼントより数段上だったようです。
父へのプレゼントに最初は通販では味気ないギフトになってしまうかなぁと思っていたのですが、かえってほかの店にはない、オリジナリティ溢れる酒のギフトは父にはとても新鮮な驚きで、そしてとても嬉しかったとかなり喜んでくれました。
その話を聞くと、早期予約をしないとなかなか注文出来ない人気の通販の店の人気商品をなんとか注文することが出来て、本当に良かったと思いました。
それだけ人気の通販の店ならこれからも安心して注文出来ます。
やはり手書きラベルというオリジナリティーあるギフトは通販でも大成功でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です